小学生に教える家庭教師
スーツを着た家庭教師

どこで求人をみつけるか

家庭教師のバイトの仕事をどのようにみつかるかですが、一般の求人情報誌や求人サイトに掲載されています。地域、時給など自分に合うものを見つけることが可能です。その場合の注意事項をあげるならば、時間的なことなど余裕をもつようにしましょう。 大学の授業が終わって急いでかけつけて。ギリギリ間に合うなどといったことは、やめた方がいいです。紹介を請け負っているところに登録することでみつけることも出来ます。自分の希望に合う条件のところを探してくれます。 人気のアルバイト家庭教師のアルバイトは他の職種と比べて、報酬が高額と言われており、大学生の間では常に人気の高いものとなっています。しかし、報酬の高さだけが人気の理由ではないようです。 大学に入学した人のほとんどは、受験を経験しています。その経験を活かしたアドバイスなどをすることが出来ます。また、曜日や時間などを比較的自由に選ぶことが出来るので、他のアルバイトやサークル活動などのスケジュールが立てやすいというメリットもあります。 家庭教師として働くメリット家庭教師は、指導に必要なコミュニケーション能力、分かりやすく指導するためのプレゼンテーション能力、責任感などを養うことが出来ます。これらの能力は、将来役立つことでしょう。 求人情報は求人情報誌や求人情報サイトなどで得ることが出来ます。自身の働きたい場所や教科などを中心に探してみると良いでしょう。基本的にアルバイトは登録制ですので、複数のところに登録をすることで、すみやかに仕事をすることが出来るようになります。 求人情報を探す家庭教師は、生徒と一緒に同じ目標に向かって歩んでいくというやりがいと責任のある仕事です。マンツーマンで指導した生徒が成果を出した時には、一緒になって喜ぶことが出来ます。これは、他の職種ではなかなか味わうことが出来ない感覚です。 求人情報を探す際には、サポート体制がしっかりとしている所を選ぶようにします。交通費などの費用に関しても、支給しているか否かを確認してから決めるようにするとトラブル防止に役立ちます。



頑張る講師

仕事内容と時給

家庭教師は、各家庭に訪問して生徒にマンツーマンでの指導をおこないます。個々の習熟度に合わせて指導をしますし、時間的な面でもある程度生徒に合わせます。生徒にしてみれば、いつでも質問ができたり、都合の良い時に学ぶことができたりするため、学習しやすい分学力も上昇しやすいです。 そのため家庭教師の時給は、塾講師よりもやや高めとなっています。相場としては1時間2000円ほどです。中には実績の高さから、5000円以上の高時給を得ている家庭教師もいます。 家庭教師の求人家庭教師の求人は、主に家庭教師を派遣している企業、もしくは大学でおこなわれています。 企業での求人の場合、採用されると生徒を紹介され、そこに派遣されることになります。生徒から支払われた授業料は企業のものとなり、そこから規定のアルバイト料が家庭教師に支払われます。アルバイトとしての勤務だけでなく、正社員として勤務できる可能性もあります。 大学での求人の場合は、生徒から支払われた代金を、そのまま家庭教師が受け取ることになります。そのため企業で働くよりも、収入はやや多くなります。どちらもメリットが多いため、家庭教師になりたがる人は多くいます。 家庭教師の仕事内容現状、家庭教師に求められる仕事は小、中、高校生の学力アップと受験対策です。学力アップの場合は、苦手科目の克服、英数などで学校の授業についていけなくなった生徒への指導などです。また、中学受験、高校受験、大学受験など、目標とする学校に受けるための学力的手助けを求められることもあります。 原則1対1の指導になります。まず、相手側(生徒及び保護者)の希望を聞いて、それに沿うような形で指導し、目標を達成出来るようにします。 バイトの特徴と得られるもの家庭教師のバイトの特徴としてあげられるのは、一般的に時給が肉体を使う他のバイトに比べて高いことがあげられます。プロになると時給5000円といったこともあるようですが、バイトではそこまではいきませんが、割のいい仕事と言えます。 ひとりの人間(教える児童や生徒)と一定の期間ひとり対ひとりで向き合うということも特徴のひとつです。やる気のある生徒ばかりではありません。そうした生徒にどのように対応するかはとても大切なことです。家庭教師というバイトをすることで、自分自身を成長させることも出来ます。